ネクストフォーカス

ONLINE SHOP

靴と暮らす

革靴の手入れはどんな時にすればいいの?

革靴はポイントを押さえ、必要なケアを施せば長く履き続けることが可能です。
長年お手入れをして履き込んだ革靴は、より一層愛着が深まることでしょう。

  • 新品を履き下ろす前に

    履き始める前のケアは、実は靴と長く付き合う上ではとても大切なメンテナンスです。 ここできちんとケアすることで、その後に生じてくるレザーのトラブルを大幅に予防できるからです。 特に初心者の方は最低限アッパーにデリケートクリームを塗布し保革することをおススメします。 なお、シューツリーを事前に入れておけばムラなく栄養分を浸透させやすくなりますので、ケア前には シューツリーを入れると覚えておきましょう。 また革底の靴をお買上の際は、ソールガードを塗布しておくと革底の摩耗やひび割れ等の劣化を防ぎ 防水性や柔軟性を高める効果も期待出来ます。

RECOMMEND ITEM

  • 日常のお出掛け前

    お出かけ前は、靴のケアになかなか時間かけられないもの。 ただし、ひと手間ふた手間加えるだけでその後の靴の寿命が大きく異なってきます。 必ずやって頂きたいのが、ブラッシングとシューホーンを使った靴の脱ぎ履き。 馬ブラシでさっと一拭きし、専用のグローブで乾拭きすれば靴は輝きを取り戻します。 乾拭きしても艶が出にくくなってくればクリームでお手入れをする合図。 シューホーンを使って靴を履けば、靴へのダメージが最小限に抑えられ、より長くご愛用頂けます。 面倒でもシューレースは毎回ほどいて脱ぎ履きすることをおススメします。

RECOMMEND ITEM

  • 月1回のお手入れ

    革製品はきちんとケアすれば何年も使用することは可能です。 当然修理ができればさらに寿命が伸びますが、そのためには定期的にしっかりとケアして靴を労わることが大切です。 いつものブラッシングに加え、クリーナーで付着した汚れを除去し、専用クリームで保湿保革してあげる。さらにワックスをうまく利用し、靴をピカピカに仕上げると気分も上がります。 オシャレは足元からといわれるように、きちんとケアされた足元はその人の生活だけでなく 人生をも豊かにする可能性を秘めています。

RECOMMEND ITEM

  • 雨の日

    革に水は大敵といいますが、正しい知識があれば多くのトラブルは事前に防げます。 お履きになる前にワックスや防水スプレーを施し、撥水性を高めることは重要です。 また、濡らしてしまった後は、汚れと湿気を除去し、シューツリーで型を整えることも大切。 革の表面だけではなく、靴の内側の水気もしっかりとりましょう。放置しますと雑菌の増殖やカビの発生の原因となります。 革の油分が抜けてしまっている場合は十分湿気を除去した後にクリームを塗布し保革して下さい。

RECOMMEND ITEM

  • 長期保管する際

    長期保管する際に気を付けるべき点は、靴に含んだ湿気の除去と保管する環境です。 革靴は通気性の悪い場所で長期保管するとカビが生える恐れがあり、しっかり靴の内側を乾燥させてからしまい込みましょう。靴箱に入れて保管する場合は乾燥剤を入れておくのも良いでしょう。 革の表面に関しては、乾燥しすぎても革に良くありませんので、保管する前に汚れを落とし、クリームで保革しておきます。クリームはしっかりブラッシングして十分に乾拭きをしておいて下さい。 保管に際しては、シューツリーを入れておくと靴の型崩れを防げます。 長期保管後、再度着用の際は、革の表面が乾燥していますので履く前にクリームで保革して下さい。

RECOMMEND ITEM